防犯カメラで聞くPoE給電、PoC給電とは?違いはなに?

セキュリティー機器

法人

防犯カメラで聞くPoE給電、PoC給電とは?違いはなに?

PoE給電?PoC給電?防犯カメラの機能でこんな言葉を聞いたけど、なんのことか分からない。そんなあなたにPoE給電とPoC給電の違いついて簡単に解説します。

違いはなんなの?

PoE・PoCとはどちらも、製品までACコンセントと製品を直接つなぐ以外の方法で、製品まで電力を供給する方法のことを言います。

では、どのような方法で電力を供給するのでしょうか?

それは、情報や映像の通信にも使えるケーブルに電力を一緒に通す、重畳(ちょうじょう)給電をすることで、遠くからでも製品まで給電する方法です。この方法を利用することで、製品の設置場所の電源工事をする必要がありません。
その電力を重畳するケーブルによって、PoEやPoCと名前が変わります。

  情報と電力を重畳するケーブル 給電距離
PoE
(Power over Ethernet)
LANケーブル 約100m
PoC
(Power over Coaxial)
同軸ケーブル 約300m
(情報伝送は除く)

 

PoEを簡単に言うと?

PoEとは、Power over Ethernetの略で、インターネット接続に利用されるLANケーブルを利用して電力を供給できる技術のことです。
一般的にLANケーブルの通信距離が約100mのため、伝送距離も同程度となります。

PoCを簡単に言うと?

PoCとは、Power over Coaxial(Coax)の略で、テレビ配線にも使われる同軸ケーブルを利用して電力を供給する技術です。
同軸ケーブルの種類(太さ)によっても変わりますが、一般的にLANケーブルより長距離の伝送が得意です。

おすすめの記事

他のカテゴリーの記事

マスボウ